コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣堅 せんけん

1件 の用語解説(宣堅の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宣堅 せんけん

?-? 新羅(しらぎ)(朝鮮)の商人。
大宰府(だざいふ)管内に寄留,貿易に従事。貞観(じょうがん)11年(869)新羅の海賊による年貢の絹綿略奪事件で嫌疑をかけられ,潤清(じゅんせい)ら29人とともに拘禁される。本国送還処分となったが天候不順で出航できず,12年新羅との関係が緊迫したため潤清ら20人は武蔵(むさし),上総(かずさ),陸奥(むつ)におくられた。そのなかに宣堅の名はなく,逃亡したとみられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宣堅の関連キーワード新羅新羅楽新羅琴真興王真平阿利斯等欽良暉潤清長焉弥騰利

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone