コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣言法 せんげんほうDeclaratory Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣言法
せんげんほう
Declaratory Act

1766年アメリカ植民地に対するイギリス本国の立法権適用の正当性を宣言した法令。同年ロッキンガム (侯) 政権は,課税権行使の実例として好ましくなかった印紙税法を廃止して,抽象的な本法を制定したために,植民地の要求に譲歩したようにみえたが,これにより,イギリス本国は植民地に対する抑圧政策の制定が可能となった。その後この法令に立脚した種々の条例は,アメリカ独立運動への契機となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宣言法の関連キーワードアメリカ独立革命史(年表)土地基本法

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android