室桜関(読み)むろ おうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室桜関 むろ-おうかん

1818-1885 幕末-明治時代の儒者。
文政元年生まれ。陸奥(むつ)磐城(いわき)郡(福島県)平(たいら)の人。江戸で古賀侗庵(どうあん),藤森弘庵(こうあん)らにまなび,平藩につかえて藩校教授となった。兵学にも通じ,藩の兵制を改革した。明治18年7月30日死去。68歳。名は克。字(あざな)は無害。通称は直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

室桜関 (むろおうかん)

生年月日:1818年12月19日
江戸時代;明治時代の磐城平藩儒者
1885年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android