コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室生朝子 むろう あさこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室生朝子 むろう-あさこ

1923-2002 昭和後期-平成時代の随筆家。
大正12年8月27日生まれ。室生犀星(さいせい)の長女。との思い出を「あやめ随筆」につづり,以後も父に関する作品をかきつぐ。犀星「杏っ子」の主人公として知られ,昭和37年には父についての小説「赤とんぼ記」をかいた。軽井沢高原文庫理事。平成14年6月19日死去。78歳。東京出身。聖心女学院専門部中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

室生朝子の関連キーワード室生とみ子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android