コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮入慶之助 みやいり けいのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮入慶之助 みやいり-けいのすけ

1865-1946 明治-昭和時代前期の寄生虫学者。
慶応元年5月15日生まれ。明治37年京都帝大福岡医科大学(のちの九州帝大)教授となり,衛生学を担当。大正2年鈴木稔とともに日本住血吸虫の中間宿主となる巻き貝を発見。この媒介貝はミヤイリガイと命名された。昭和21年4月6日死去。82歳。信濃(しなの)(長野県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮入慶之助の言及

【カタヤマガイ(片山貝)】より

…住血吸虫症が広島県神辺町の片山丘付近に多かったのでこの名がある。また,住血吸虫の中間宿主であることを発見した宮入慶之助を記念してミヤイリガイともいう。殻はやや小さく卵形,厚く堅く,高さ0.7cm,太さ0.25cmで,細高い円錐形。…

※「宮入慶之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮入慶之助の関連キーワードカタヤマガイ(片山貝)二階堂保則(2)片山貝・宮入貝カタヤマガイ杉浦 健造住血吸虫杉浦健造片山貝宮入貝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android