コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮前佐右衛門 みやまえ すけえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮前佐右衛門 みやまえ-すけえもん

1739-1808 江戸時代中期-後期の名主。
元文4年生まれ。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)金崎村の人。天明3年(1783)の飢饉(ききん)に私財を投じて近在を救援,8年下野(しもつけ)(栃木県)芳賀郡8ヵ村の年貢未進の農民を援助。この功で幕府より名字帯刀をゆるされる。享和元年(1801)郷土の地図をつくった。文化5年6月23日死去。70歳。名は東市。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮前佐右衛門の関連キーワード1808年5月3日ゴヤ(年譜)霊空早川正紀農書(農業に関する書物)上田秋成検察ブルボン朝地方財政計画景清

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone