コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮前佐右衛門 みやまえ すけえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮前佐右衛門 みやまえ-すけえもん

1739-1808 江戸時代中期-後期の名主。
元文4年生まれ。武蔵(むさし)秩父郡(埼玉県)金崎村の人。天明3年(1783)の飢饉(ききん)に私財を投じて近在を救援,8年下野(しもつけ)(栃木県)芳賀郡8ヵ村の年貢未進の農民を援助。この功で幕府より名字帯刀をゆるされる。享和元年(1801)郷土の地図をつくった。文化5年6月23日死去。70歳。名は東市

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android