宮地堅磐(読み)みやじ かきわ

  • 宮地堅磐 みやじ-かきわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1852-1904 明治時代の神道家。
嘉永(かえい)5年11月8日生まれ。宮地常磐(ときわ)の子。土佐(高知県)潮江(うしおえ)天満宮神職。蔵書家で著作もおおく,神仙道学で知られた。晩年権(ごんの)大教正,大社教管長となる。明治37年3月2日死去。53歳。名は政昭。別号に再来(よりや)。著作に「天狗叢談(てんぐそうだん)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android