コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮市銀行 みやいちぎんこう

1件 の用語解説(宮市銀行の意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

宮市銀行

 防府天満宮[ほうふてんまんぐう]の宮前町[みやまえまち]である宮市町は交通・商品流通の拠点として、商業先端地として栄えたところです。宮市銀行は1896年(明治29年)、当地の大地主・富豪の有力者によって、その金融機関として開業しました。初代の頭取[とうどり]には本陣[ほんじん]兄部[こうべ]家の当主、兄部敏輔[こうべ  ]が就任しました。 県内の中堅銀行として基盤を持つようになりましたが、政府の銀行合同の奨励により、1923年(大正12年)に華浦銀行[かほぎんこう]と合併し、創業27年の幕を閉じました

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮市銀行の関連キーワード太宰府天満宮天満宮防府天満宮円楽坊金銅宝塔酒垂山執行坊大専坊天神山古墳宮市商参会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone