コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮彫(り) ミヤボリ

デジタル大辞泉の解説

みや‐ぼり【宮彫(り)】

神社・仏閣・宮殿などの欄間(らんま)や柱などに施した彫刻。「宮彫り師」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宮彫【みやぼり】

神社仏閣,宮殿の扉(とびら),欄間等建築に伴う装飾のための彫刻。建築の一部として遠望的効果をもたせるところに特色がある。桃山〜江戸時代に装飾彫刻を専門とする大工が出て宮彫師といわれた。
→関連項目石川光明柴田是真左甚五郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

宮彫(り)の関連キーワード佐藤 朝山北村 四海佐藤玄々高橋鳳雲シャドー佐藤朝山島村俊明後藤功祐北村四海上矢作立川流