コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮彫(り) ミヤボリ

デジタル大辞泉の解説

みや‐ぼり【宮彫(り)】

神社・仏閣・宮殿などの欄間(らんま)や柱などに施した彫刻。「宮彫り師」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宮彫【みやぼり】

神社仏閣,宮殿の扉(とびら),欄間等建築に伴う装飾のための彫刻。建築の一部として遠望的効果をもたせるところに特色がある。桃山〜江戸時代に装飾彫刻を専門とする大工が出て宮彫師といわれた。
→関連項目石川光明柴田是真左甚五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

宮彫(り)の関連キーワード佐藤 朝山北村 四海佐藤玄々高橋鳳雲シャドー佐藤朝山北村四海後藤功祐島村俊明上矢作立川流

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android