宮木喜久雄(読み)みやぎ きくお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮木喜久雄 みやぎ-きくお

1905-? 昭和時代の詩人。
明治38年10月5日台湾生まれ。大正14年20歳のとき室生犀星をたずね,堀辰雄,中野重治,窪川鶴次郎らを知り,同人誌「驢馬」の創刊にくわわる。昭和3年同誌終刊後はプロレタリア文学運動に参加し,「戦旗」に作品を発表,4年刊の「日本プロレタリア詩集」にも掲載された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android