宮杉伝八郎(読み)みやすぎ でんぱちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮杉伝八郎 みやすぎ-でんぱちろう

1818-1892 江戸後期-明治時代の官吏。
文政元年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)の町年寄宮杉氏の養子。嘉永(かえい)6年(1853)のペリー来航のとき,有志をあつめ館林藩に大砲数門を献上。維新後は戸長。椿椿山(ちんざん)にまなび,写生画をよくした。明治25年9月25日死去。75歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。本姓は篠崎。名は直親。号は槐庵。日記に「日新録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android