コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮永良蔵 みやなが りょうぞう

1件 の用語解説(宮永良蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮永良蔵 みやなが-りょうぞう

1833-1868* 幕末の医師。
天保(てんぽう)4年1月25日生まれ。宮永正運の曾孫。公卿(くぎょう)徳大寺家の典医。尊攘(そんじょう)運動にたずさわり,禁門の変のとき萩(はぎ)藩のため周旋にあたった。慶応3年新選組に捕らえられて拷問をうけ,釈放されたが同年12月22日死去。35歳。越中(富山県)出身。名は正純。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮永良蔵の関連キーワード戊辰戦争佐々木只三郎島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉早竹虎吉(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone