宮部万(読み)みやべ まん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮部万 みやべ-まん

?-1788 江戸時代中期の歌人。
上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士浅井直方の次女。同藩士で国学者の宮部義正と結婚,夫とともに冷泉為村(れいぜい-ためむら)にまなぶ。江戸にすみ,歌のほかに「源氏物語」葵の巻を浄書し,長編「木草物語」をあらわした。子の義直も歌人。天明8年6月5日死去。歌集に「万女詠草」,夫婦共詠の「相生乃言葉」など。
【格言など】木草だにおもはむことのはづかしなわが心なき筆のすさびは(「木草物語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android