コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮間あや みやまあや

知恵蔵の解説

宮間あや

1985年1月28日生まれ、千葉県山武郡大網白里町出身の女子サッカー選手、なでしこジャパンのミッドフィールダー。高校時代にサッカー全国制覇の経験を持つ父・文夫(現・大網白里町町議会議員)が作った「フッチボールSurf」で、小学校1年生からサッカーを始める。
小学校5年生の時、国際交流イベント「国際社会で活躍できる日本人の育成」の親善大使としてアメリカのサンディエゴでの試合を経験、この時、後にチームメートとなる元日本女子代表の本田美登里と出会う。
読売メニーナ(現日テレ・メニーナ、99年NTVベレーザ・現日テレ・ベレーザへ昇格)に所属していたが、幕張総合高等学校(千葉県)2年生時退団。卒業を待って、2001年に本田美登里が率いる岡山湯郷Belle(岡山県)に第一期生として入団し、温泉旅館で清掃のアルバイトをしながらチームの主力選手として活躍。好きな言葉は「Make it happen」=「それを実現する」だというが、まさに彼女の戦い方そのものがその言葉通りと言えそうだ。
03年、日本代表に召集されて、FIFA女子ワールドカップ・アメリカ大会に出場。04年のU-19アジア女子選手権では主将を務めた。同年、L・リーグ(なでしこリーグ)で2部リーグ得点女王と最優秀選手に選出され、翌シーズンにはチームを1部昇格へと導いた。
09年、米国WPS傘下のロサンゼルス・ソルに移籍。チーム側の撤退等で、セントルイス・アスレティカ、アトランタ・ビートと移籍し、1年間で3チームに在籍した。この在米時代に、欧米の一流選手たちと交流、友情が生まれた。
11年、FIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会出場。フリーキックを決めた初戦のニュージーランド戦と準決勝のスウェーデン戦でプレイヤー・オブ・ザ・マッチ獲得。決勝のアメリカ戦に勝利した直後、旧知のアメリカ選手たちに歩み寄って敬意を表し、ホープ・ソロ選手と語り合うさわやかな姿は、世界中から賞賛された。
12年現在、ロンドン・オリンピック、サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)主将。準決勝でフランスを破り決勝進出を果たしたが、3連覇を狙うアメリカに1対2で敗れて銀メダル。日本サッカー女子がオリンピックでメダルを獲得するのは初。

(菘(すずな)あつこ  フリーランス・ライター / 2012年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮間あや みやま-あや

1985- 平成時代の女子サッカー選手。
昭和60年1月28日生まれ。ポジションはMF。平成13年岡山湯郷Belle結成に参加。19年日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)ベストイレブン。初の日本代表(現・なでしこジャパン)は平成15年国際親善試合のタイ戦。20年北京五輪代表となり4位入賞をはたした。21年ロサンゼルス・ソルに移籍。同年9月岡山湯郷Belleにレンタル移籍。22年ロサンゼルス・ソルの解散でセントルイス・アスレティカに移る。同年岡山湯郷Belleに移籍。フリーキックの正確さで知られる。23年FIFA女子ワールドカップで日本代表に選ばれ,全試合に先発出場し,決勝のアメリカ戦では1得点・1アシストをするなど金メダル獲得に貢献。24年ロンドン五輪代表となり,主将として全6試合に出場して銀メダルを獲得。27年FIFA女子ワールドカップ日本代表のキャプテンをつとめ,全7試合に出場して2ゴールをあげるなどチームを準優勝に導いた。千葉県出身。幕張総合高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮間あやの関連キーワードスペースシャトル飛行記録[各個指定]工芸技術部門柴田翔朝鮮映画皮革工業丸山圭三郎アイゼンマン荒川洋治今西祐行北村太郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮間あやの関連情報