コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宴のあと事件 うたげのあとじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宴のあと事件
うたげのあとじけん

元外務大臣有田八郎が,三島由紀夫の小説『宴のあと』によりプライバシーを侵害されたとして謝罪広告と損害賠償を請求した事件。東京地方裁判所は,日本国憲法のよって立つ個人の尊厳の思想に言及しつつ,日本では初めてプライバシーの権利を実定法上の権利として容認した。この事件において,同裁判所は,公開された内容が,(1) 私生活上の事実または私生活上の事実らしく受取られるおそれがあり,(2) 一般人の感受性を基準にして公開を欲しないであろうと認められ,(3) 一般の人々にいまだ知られていない,という事情が認められる場合には不法行為として法的救済が与えられると述べ,被告に損害賠償の支払いを命じた (1964.9.28.判決) 。控訴中に原告が死亡し,その後遺族と被告の間で和解が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

宴のあと事件の関連キーワード森長 英三郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android