宵山(読み)ヨイヤマ

大辞林 第三版の解説

よいやま【宵山】

本祭の前夜の祭り。特に、京都の祇園祭の宵宮よみやをいう。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よい‐やま よひ‥【宵山】

〘名〙 本祭の前夜の祭。特に、京都の祇園会の宵宮(よみや)。前の祭である神幸祭の前夜、七月一六日(古くは六月六日)、および後の祭である還幸祭の前夜、七月二三日(古くは六月一三日)、山鉾を翌日の巡行に準じて本飾りにし、鉾の上では囃子(はやし)を行なう。昭和四一年(一九六六)から前後の山鉾巡行が合併して七月一七日に行なわれるため、宵山も一六日の一夜だけとなった。またこの日、町内の家々で秘蔵の屏風などを出して観覧に供するところから、屏風祭の称がある。《季・夏》
咄本・落噺年中行事(1836)上「京都三条どふりのよひ山を見あるき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宵山の関連情報