還幸祭(読み)カンコウサイ

  • かんこうさい クヮンカウ‥
  • かんこうさい〔クワンカウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

神幸(しんこう)祭御(とぎよ)に対する祭りで,御旅所へ出御(しゆつぎよ)した神霊が本社へ還幸する祭のこと。一般に出御の儀よりも事いそいで行われるが,むしろ幸祭に重点をおく神社も多い。例えば,伏見稲荷大社稲荷祭では出御の際は裏門からそっと出るが,還幸のときは正面から堂々と威儀をととのえて入御する。また,賀茂別雷神社の御阿礼(みあれ)神事では山から神社に神霊を迎える真夜中の行事が神幸祭の中心をなすことや,奈良地方の神社で,祭りに先だってあらかじめ神霊が頭屋(とうや)などに渡御して何日か逗留の後,祭りの当日に頭屋から神社へ還幸する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 神が神幸よりお帰りになった時、神霊を神輿(みこし)から社殿に遷(うつ)す祭。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の還幸祭の言及

【御霊会】より

…上御霊,下御霊の両神社の祭礼も毎年夏秋に催された。のちには旧暦7月18日に神幸祭,神輿渡御があり,8月18日に還幸祭が行われていたが,中世の後期,応仁の乱ののちに,一時中絶した。1498年(明応7)に復興をとげ,近世になると,上下の両御霊神社ともに旧暦8月11日神幸祭があり,神輿を御旅所に納め滞留ののち,8月18日に還幸の儀式が行われた。…

【神幸祭】より

…神霊の来臨,移動を中心とする神事。渡御祭とかお旅とかお出でともいい,本社に帰るのをとくに還幸祭などともいう。日本の祭りは,神霊の出現を待ってその招迎と鎮送を基本とするので,おのずから神迎えと神送りの儀礼を伴うものが多いが,神霊の動座そのものを神威の顕現形式としてとくに重んじる場合にこれを神幸祭という。…

※「還幸祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

還幸祭の関連情報