コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園会 ギオンエ

デジタル大辞泉の解説

ぎおん‐え〔ギヲンヱ〕【祇園会】

京都市の祇園社の祭礼。昔は毎年陰暦6月7日から14日まで行われたが、現在は7月17日から24日まで。山鉾(やまぼこ)巡行などがある。夏の疫病よけのご利益があるとされる。祇園御霊会(ごりょうえ)。祇園祭。屏風(びょうぶ)祭。 夏》「―や二階に顔のうづ高き/子規

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

祇園会

古典落語の演目のひとつ。全編を通して演じる以外に、前半を「東男」「京見物」、中盤を「祇園会」、後半を「およく」とすることもある。「上方見物」とも。八代目桂文治が得意とした。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祇園会
ぎおんえ

祇園祭」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇園会の関連情報