コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園会 ギオンエ

デジタル大辞泉の解説

ぎおん‐え〔ギヲンヱ〕【祇園会】

京都市の祇園社の祭礼。昔は毎年陰暦6月7日から14日まで行われたが、現在は7月17日から24日まで。山鉾(やまぼこ)巡行などがある。夏の疫病よけのご利益があるとされる。祇園御霊会(ごりょうえ)。祇園祭。屏風(びょうぶ)祭。 夏》「―や二階に顔のうづ高き/子規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

祇園会

古典落語の演目のひとつ。全編を通して演じる以外に、前半を「東男」「京見物」、中盤を「祇園会」、後半を「およく」とすることもある。「上方見物」とも。八代目桂文治が得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祇園会
ぎおんえ

祇園祭」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

祇園会の関連キーワードでんぶ(田麩)桂文治(8代)引くの山の北沢 映月分け・別け祇園臨時祭祇園囃子橘家円喬古典落語言継卿記松村景文春川秀蝶神輿洗い四座雑色天王祭練絹座十五夜お練り鬮罪人月行事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祇園会の関連情報