祇園会(読み)ぎおんえ

デジタル大辞泉の解説

ぎおん‐え〔ギヲンヱ〕【祇園会】

京都市の祇園社の祭礼。昔は毎年陰暦6月7日から14日まで行われたが、現在は7月17日から24日まで。山鉾(やまぼこ)巡行などがある。夏の疫病よけのご利益があるとされる。祇園御霊会(ごりょうえ)。祇園祭。屏風(びょうぶ)祭。 夏》「―や二階に顔のうづ高き/子規

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

祇園会

古典落語の演目のひとつ。全編を通して演じる以外に、前半を「東男」「京見物」、中盤を「祇園会」、後半を「およく」とすることもある。「上方見物」とも。八代目桂文治が得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎおん‐え ギヲンヱ【祇園会】

〘名〙 京都の祇園社(現在の八坂神社)の祭礼。天祿元年(九七〇)、一説に貞観一八年(八七六)に始まるという。七月一日の吉符(きっぷ)入りに始まり、三一日の八坂神社境内の疫神社夏越祓まで、一か月にわたって行なわれ、長刀(なぎなた)鉾、函谷(かんこ)鉾など三二基の山鉾(やまぼこ)巡行が盛大。疫病よけの祈祷の御利益があると言われる。古くは、陰暦六月七日から一四日まで。祇園御霊会。祇園祭。屏風祭。祇園の会。ぎおん。《季・夏》
古今著聞集(1254)二〇「祇園会を菅博士行衡、三条堀川にて見けるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祇園会の関連情報