コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭内離婚 かていないりこん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家庭内離婚
かていないりこん

現実には既に夫婦生活が破綻しているにもかかわらず,正式に離婚届を出したり別居したりせず,表面上は普通の結婚生活を続けているような外見をとること。問題の性質上統計的数字には現れてこないが,このような事実上の離婚が増加しつつあるといわれている。発生理由としては,日本ではまだ離婚に対する社会的許容性が低く,正式に離婚すると,たとえば本人自身の職業生活や子供の就職や結婚に障害が生じてくるなど社会的,経済的打撃が大きいことがあげられる。また,日本の家族が親子関係を中心に成り立っており,夫婦関係が破綻しても,子供に及ぼす影響を考えて表面上は家族の形を維持しようとする力が働いていることも大きな理由として考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かていない‐りこん【家庭内離婚】

お互いに相手に関心をもたない、食事時間や寝室が別々であるなど、実質上の婚姻関係が破綻(はたん)しているにもかかわらず、夫婦が同居を続けている状態。家庭内別居

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家庭内離婚の関連情報