コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家雀 イエスズメ

デジタル大辞泉の解説

いえ‐すずめ〔いへ‐〕【家×雀】

ハタオリドリ科の鳥。全長14.5センチくらい。スズメに似るが、雄は頭頂部が灰色で、ほおに黒斑がない。ユーラシア大陸に分布ヨーロッパの市内では人の手から餌をついばむ姿を見かける。日本にはいない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いえすずめ【家雀】

スズメ目ハタオリドリ科の鳥。全長約16センチメートル。雄はスズメに似て頭頂は灰色。雌は全身が灰褐色で下面は淡い。分布は世界的だが、日本では1990年(平成2)に利尻島で初めて確認された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

家雀 (イエスズメ)

学名:Passer domesticus
動物。ハタオリドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

家雀の関連キーワード利尻島灰褐色下面

家雀の関連情報