コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿入り シュクイリ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐いり【宿入り】

宿所・宿場に入ること。
「その時は小室節の最中、―にうたひて」〈浮・一代男・五〉

やど‐いり【宿入り】

藪入(やぶい)り」に同じ。
「今年は、お盆の―に行かない代り」〈万太郎露芝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅくいり【宿入り】

(大名行列などが)宿所や宿駅にはいること。

やどいり【宿入り】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宿入りの言及

【若者宿】より

…その場合,(1)若者組の構成員が思い思いに若者宿へ宿泊する型,(2)若者組とはまったく別個に若者宿の生活が行われる併存型,(3)組織化された若者組がなく,若者宿の生活が一種の不定形な若者組に相当する型,とに分けられる。(3)の場合は,その宿入りが若者組の加入式に相当した。いずれにせよ,西日本の若者宿には主として婚姻の媒介機関としての性格があった。…

※「宿入り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宿入りの関連キーワード藪入り・薮入り大名行列小室節藪入り宿所宿親宿駅