コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄付講座 きふこうざ

大辞林 第三版の解説

きふこうざ【寄付講座】

企業などからの寄付金を財源に、期限付きの客員教員を招いて開かれる講座。冠講座。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

寄付講座

大学の教育や研究の活性化を目的に設置され、企業などからの資金援助を受けて運営される。他大学の教授や学外の専門家、研究者らを講師に招いて研究活動が行われる。通常は2〜5年の開設期間が多いが、更新することもできる。国公私立のいずれの大学にもあるが、国立大では、87年5月に文部省(現・文部科学省)の省令改正によって導入され、04年4月の独立行政法人化後は、各大学の取り決めによって設置されている。

(2007-05-18 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

寄付講座の関連キーワードバルト(Karl Barth)ポール シェアードジェロントロジーブラックストン臨床宗教師特任教授期限付き寄付金冠講座中山茂財源

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄付講座の関連情報