篤志(読み)とくし

精選版 日本国語大辞典「篤志」の解説

とく‐し【篤志】

〘名〙 (形動) ある催しや事業などに対するあついこころざし。特に社会事業などに熱心に心をよせ、協力援助する気持をもつこと。また、そのさま。
※日本詩史(1771)三「志博綜。尤好著述」 〔論語‐子張〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「篤志」の解説

とく‐し【篤志】

[名・形動]志のあついこと。特に、社会事業や公共の福祉などに熱心に協力すること。また、その心や、そのさま。「篤志による慰問」
「―な知己として丑松のことを」〈藤村破戒
[類語]ボランタリー自発的公共心公徳心犠牲犠牲的サービス献身献身的ささげる挺身ていしん捨て石利他利他心志願慈善有志殉ずるボランティア奉仕奉公寄与貢献裨益ひえき尽力尽くす骨身を惜しまず粉骨砕身身をにする身を削る骨身を削る命をささげるケアアフターケア篤志家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「篤志」の解説

【篤志】とくし

専心する。〔論語、子張〕く學びて篤く志し、切に問ひてく思ふ。、其の中に在り。

字通「篤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android