コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寅載 いんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寅載 いんさい

1650-1721 江戸時代前期-中期の僧。
慶安3年生まれ。陸奥(むつ)相馬(福島県)の興仁寺で出家,江戸増上寺でまなぶ。伊勢(いせ)(三重県)梅香寺の住職となり,浄土教の教えをひろめるとともに,神仏一致をとなえた。忍澂(にんちょう)と交遊があった。享保(きょうほう)6年9月28日死去。72歳。陸奥相馬出身。字(あざな)は信智。号は法蓮社要誉。著作に「浄土十念章」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寅載の関連キーワードホイヘンスお蔭参りウェールズ文学柳生十兵衛三厳高温ガス炉産業革命ドイツ語マーベル井鳥巨雲雲弘流

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android