コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺事 てらごと

世界大百科事典 第2版の解説

てらごと【寺事】

仏教で道場を設けて本尊を勧請し,あるいは仏堂を道場とし,僧侶または尼僧が主体となってとり行う行事。この場合,行事の催行目的を明確に表明し達成するにふさわしい儀式―法要―を中核に据えて構成される。従来,法会,法事,仏事,法要,法儀などの用語に拠っていたが,それぞれの概念規定が不統一であったため,近年,仏事を芸能の側から研究する横道万里雄によって造語された。寺事の催行目的は,三宝の供養をはじめ自行利他にいたるまで広範に及び,その分類項を挙げれば慶祝,祈願,追福報恩,懺悔(さんげ),修善修学,修行,伝戒,伝法など多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寺事の関連キーワードイギリス公使館焼打事件土佐十一烈士墓西園寺 公一オリファントオールコック伊藤軍兵衛東禅寺事件横道萬里雄前木新八郎類聚三代格児玉 雪玄山神 種一中井範五郎斎藤大之進武田耕雲斎大場一真斎吉田直人松園尚嘉多田実喜宮城彦助

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺事の関連情報