コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竪義 りゅうぎ

4件 の用語解説(竪義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竪義
りゅうぎ

僧侶の実力を検定するために諸宗諸大寺で行われた論議問答。現在はおもに住職の資格や階位昇進を目的とする。竪義者 (受験者) ,探題 (仏教諸学に関する 10問を選んで竪義者に課し,最終的な決定を下す最高責任者) ,問者 (種々の質問を出す者) ,精義 (竪義者の解答の可否を判断する者) ,注記 (記録者) ,会行事 (雑務係) の諸役が一堂に会して執行する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ぎ〔リフ‐〕【×竪義/立義】

法会に際し、学僧を試験するために行われた問答論議の儀式。探題(たんだい)が問題を出し、問者(もんじゃ)が難詰し、試験を受ける竪者(りっしゃ)がこれに答え、全体の事務を会行事(えぎょうじ)が行う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

竪義【りゅうぎ】

〈竪義〉〈立義〉とも書く。〈論義〉を中心とした学僧の試験をいう。僧階昇進・補任のための要件となった。受験者である竪者(りっしゃ)は,探題(たんだい)が出題し,問者(もんじゃ)によって与えられた問10題に答え,証義者の判定を仰ぎ,探題による最終判定を受けた。
→関連項目法華会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうぎ【竪義】

〈豎義〉〈立義〉とも書く。〈竪〉は慣用音で立てるという意味。義を立てる,理由を主張するということ。仏教では諸大寺の法会にあたって行われた学僧試業の法のこと。また論題提出僧すなわち探題より出された問題について,自己の考えを教理をふまえて主張する僧を指す場合も多い。この場合は竪義者というが,単に略して竪者(りつしや),立者ともいう。南都の三会,東大寺法華会・方広会や,興福寺慈恩会,園城(おんじよう)寺十月会,延暦寺六月会などは竪義を設け,学業の成果を判定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竪義の言及

【探題】より

…(1)仏教教学における僧の役名。学問僧の資格試験〈竪義(りゆうぎ)〉の出題,採否にかかわる最高責任者。竪義は,経論の要義を問答の中で披瀝する論義という形式で行われるが,探題はその論題を選定し,論義の経過を見届けて採否を慎重に吟味し,最終的な判定を行う。…

【竪者】より

…仏教学における学問僧の資格試験竪義(りゆうぎ)の受験者のこと。学問僧としての実力を問われ,合格の場合は講師(こうじ)などの重要な役につく資格を与えられる。…

※「竪義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竪義の関連情報