コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密雲 ミツウン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密雲
みつうん / ミーユン

中国、北京(ペキン)市北東部の市轄区。1958年河北(かほく)省から北京市に編入された。人口47万8000(2014)。京承線(北京―承徳(しょうとく))、京通線(北京―通遼(つうりょう))が区内を通過する。北端には古くからの交通の要衝古北口(こほくこう)があり、明(みん)代の長城・司馬台(しばだい)長城が現存する。司馬台長城は2014年にユネスコ(国連教育科学文化機関)により、「万里の長城」の構成資産として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。区中部には1960年に潮白河(ちょうはくが)の上流をせき止めて完成した多目的ダムの密雲ダム(貯水量43億トン)がある。[船越昭生・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

密雲の関連キーワードクーペイコウ(古北口)チャオパイ(潮白)河ペキン(北京)直轄市白河(中国、河北省)耶律阿保機陳勝・呉広燕雲十六州黄檗美術黄檗費隠密雲円悟回天慧杲黄檗隠元太田白雪古北口軍都山雲形海河隠元

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密雲の関連情報