コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツ

デジタル大辞泉の解説

みつ【密】

[名・形動]
すきまがないこと。ぎっしりと詰まっていること。また、そのさま。「人口がだ」「網の目をにする」⇔疎(そ)
関係が深いこと。親しいこと。また、そのさま。「な間柄」「連絡をにする」
きめこまかいこと。細部にわたって行き届いていること。また、そのさま。綿密。「な計画」「に調べ上げる」
こっそりと人に知られないようにすること。また、そのさま。ひそか。秘密。「謀(はかりごと)はなるをもってよしとす」
密教」の略。
「顕に付け、―に付け、その悟りたやすからず」〈浄・大原問答

みつ【密】[漢字項目]

[音]ミツ(呉) [訓]ひそか みそか
学習漢字]6年
閉ざされて内部がわからない。人に知られない。ひそか。「密会密教密航密告密使密室密約密輸隠密(おんみつ)機密枢密内密秘密
すきまがない。ぴったりとくっついている。関係が深い。「密集密生密着密度密閉密林過密気密緊密親密稠密(ちゅうみつ)
細かく行き届いている。「厳密細密周密精密綿密
密教。「顕密台密東密
[名のり]たかし
[難読]舎密(セイミ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつ【密】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
すき間もないほどにぎっしりと詰まっている・こと(さま)。 ⇔ 「人口が-な国」 「電話の回数が-になる」
内容の充実している・こと(さま)。 「中身が-な本」
非常に親しい間柄である・こと(さま)。 「 -な間柄」
細かい点にまで行き届いている・こと(さま)。綿密。 「 -に連絡をとりあう」 「記事の巧みなるは想像の-なるになり/日本開化小史 卯吉
秘密である・こと(さま)。 「謀はかりごとは-なるを以てよしとす」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

密の関連キーワード六方最密充填・六方最密充塡最密充填構造・最密充塡構造最密充てん(最密充塡)最密充てん構造最密パッキング立方最密充填六方最密充填最密充塡構造沿岸警備隊最密構造三密瑜伽三密相応大日経疏三平等観三密行法瑜伽密宗密陀の油圭峰禅師三密加持密厳浄土

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

密の関連情報