富士電気化学(読み)ふじでんきかがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「富士電気化学」の解説

富士電気化学
ふじでんきかがく

電池・電子部品メーカー。富士通系。 1950年東京電気化学工業として設立。 53年富士電機製造と資本提携。 58年現社名に変更。 72年富士通が資本参加。当初は乾電池でスタートしたが,59年開発に成功したフェライトセラミックスとともに発展のとなり,現在も AV機器向けなどで堅実に伸びている。電子応用部品の分野も,パソコンや移動体通信向けで急成長している。今後はフェライト素材の用途拡大に力を注ぐとともに,海外生産比率の向上をはかる。売上構成比は,フェライト・セラミックス 32%,電子応用部品 44%,電池 24%。年間売上高 1103億 9500万円 (連結。うち輸出 34%) ,資本金 82億 400万円,従業員数 1936名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android