富木友治(読み)とみき ともじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富木友治 とみき-ともじ

1916-1968 昭和時代の民俗研究家。
大正5年2月9日生まれ。柳田国男にまなび,昭和14年郷里の秋田県角館(かくのだて)にかえる。北方文化連盟を結成し,樺(かば)細工の技術保存に尽力。戦後は農村モデル角館図書館長となり,自動車文庫をはじめた。昭和43年5月24日死去。52歳。日大中退。著作に「橡(とち)の木の話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android