コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樺細工

デジタル大辞泉プラスの解説

樺細工

秋田県仙北市で生産される工芸品山桜樹皮を用いてつくる茶筒や箱など。製造の起源は安永~天明年間に遡るとされる。国の伝統的工芸品に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

樺細工[木工]
かばざいく

東北地方、秋田県の地域ブランド。
仙北市で製作されている。18世紀末、佐竹北家によって秋田県北部の阿仁地方から角館に技法が伝えられた。佐竹北家から保護を受けた樺細工は、下級武士の副業として広まった。明治時代になると、俸禄を失った武士が収入を得るため本格的に取り組み始め、今日の樺細工の原型といえる作品がつくられた。山桜特有の光沢、純朴な渋めの色合いが特徴。秋田県伝統工芸品。1976(昭和51)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

樺細工の関連キーワード秋田県仙北市角館町表町下丁秋田県仙北市富木 友治大江 宏サクラ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樺細工の関連情報