コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富永惟安 とみなが いあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富永惟安 とみなが-いあん

?-1752 江戸時代中期の儒者。
京都で西依成斎(にしより-せいさい)に儒学を,玉木正英(たまき-まさひで)に神道をまなぶ。帰郷後土佐高知藩家老の佐川深尾家につかえ,のち高知城下で戸部愿山(とべ-げんざん)らおおくの門人をそだてた。宝暦2年死去。初名は康重。通称は文平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富永惟安の関連キーワード中山高陽恩田敬休岩井玉洲山本日下

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android