コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田氏紹 とみた うじつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田氏紹 とみた-うじつぐ

1626-1705 江戸時代前期の武士。
寛永3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。万治(まんじ)3年亀千代(4代藩主伊達綱村(つなむら))の守り役にえらばれ,江戸でその養育にあたる。伊達騒動のなかで幼主をまもりぬき,延宝3年綱村にしたがい帰郷,のち奉行(家老)となった。宝永2年9月23日死去。80歳。通称は源七郎,二左衛門,壱岐(いき)。号は安軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富田氏紹の関連キーワード富田壱岐

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android