コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田知信(1) とみた とものぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田知信(1) とみた-とものぶ

?-1599 織豊時代の武将。
織田信長,豊臣秀吉につかえる。小牧・長久手(ながくて)の戦いで伊勢(いせ)(三重県)神戸(かんべ)城をまもり,秀吉と織田信雄(のぶお)との和睦交渉でも活躍。文禄(ぶんろく)4年伊勢安濃津(あのつ)に5万石をあたえられた。晩年は秀吉のお咄(とぎ)衆。慶長4年10月28日死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。別名に信広(のぶひろ),長家。通称は平右衛門。号は一白,水西。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富田知信(1)の関連キーワード織田信長

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android