コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田礼彦 とみた いやひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田礼彦 とみた-いやひこ

1811-1877 江戸後期-明治時代の国学者。
文化8年2月29日生まれ。田中大秀(おおひで)にまなぶ。飛騨(ひだ)(岐阜県)の高山代官所地役人頭取。慶応4年高山県判事となる。明治2年梅村騒動で一揆(いっき)参加者の助命をねがい割腹するが一命をとりとめた。明治10年5月3日死去。67歳。初名は定礼。通称は稲太。号は節斎。著作に「斐太後風土記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田礼彦の関連キーワード富田節斎明治時代国学者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android