コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田礼彦 とみた いやひこ

1件 の用語解説(富田礼彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田礼彦 とみた-いやひこ

1811-1877 江戸後期-明治時代の国学者。
文化8年2月29日生まれ。田中大秀(おおひで)にまなぶ。飛騨(ひだ)(岐阜県)の高山代官所地役人頭取。慶応4年高山県判事となる。明治2年梅村騒動で一揆(いっき)参加者の助命をねがい割腹するが一命をとりとめた。明治10年5月3日死去。67歳。初名は定礼。通称は稲太。号は節斎。著作に「斐太後風土記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田礼彦の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記オーバーベック山本徳翁奥宮慥斎アメリカ美術菊池大麓

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone