コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田良穂 とみた よしほ

1件 の用語解説(富田良穂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田良穂 とみた-よしほ

1848-1925 明治-大正時代の歌人。
嘉永(かえい)元年4月7日生まれ。もと三河(愛知県)吉田藩士。弥彦神社の神職。愛知県会議員,豊橋町会議員をつとめる。平田銕胤(かねたね)に国学をまなび,歌学雑誌「さとのひかり」を主宰した。大正14年2月5日死去。78歳。名は有恒。通称は鉄吉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田良穂の関連キーワード三月革命ウィーン蜂起育英館ルーマニア文学モッセ治安維持法ドイツ映画カモラガリバルディカルロ・アルベルト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone