コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛忠 かんちゅう

1件 の用語解説(寛忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛忠 かんちゅう

906-977 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)6年生まれ。敦固(あつかた)親王の第3王子。真言宗。祖父寛平法皇(宇多天皇)のもとで出家。淳祐,さらに寛空から灌頂(かんじょう)をうけ,真言密教広沢流の法をつぐ。天徳4年内供奉(ないぐぶ)。康保5年(968)律師となり,親王の子としてはじめて僧綱(そうごう)の職についた。翌年権(ごんの)少僧都,東寺長者。貞元(じょうげん)2年4月2日死去。72歳。通称は池上僧都。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寛忠の関連キーワード藤原兼通胡蝶楽ベナン益信遺産分割分割相続重明親王増命素性藤原敦忠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone