コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛忠 かんちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛忠 かんちゅう

906-977 平安時代中期の僧。
延喜(えんぎ)6年生まれ。敦固(あつかた)親王の第3王子。真言宗。祖父寛平法皇(宇多天皇)のもとで出家淳祐,さらに寛空から灌頂(かんじょう)をうけ,真言密教広沢流の法をつぐ。天徳4年内供奉(ないぐぶ)。康保5年(968)律師となり,親王の子としてはじめて僧綱(そうごう)の職についた。翌年権(ごんの)少僧都,東寺長者貞元(じょうげん)2年4月2日死去。72歳。通称は池上僧都。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛忠の関連キーワード寛忠の姉寛忠姉延喜

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android