コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淳祐 じゅんゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淳祐 じゅんゆう

じゅんにゅう

淳祐 じゅんにゅう

890-953 平安時代中期の僧。
寛平(かんぴょう)2年生まれ。菅原道真(みちざね)の孫。菅原淳茂(あつしげ)の子。真言宗。醍醐(だいご)寺の観賢(かんげん)から灌頂(かんじょう)をうける。醍醐寺座主(ざす)に推されたが,病弱のため辞退。石山寺普賢(ふげん)院に隠棲(いんせい)し,修行と著作に専念した。天暦(てんりゃく)7年7月2日死去。64歳。通称は石山内供,普賢院内供。著作に「石山七集」「金剛界次第法」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

淳祐の関連キーワード元の時代(年表)直斎書録解題西かん子曇無準師範洗冤集録西澗子曇鏡堂覚円契丹国志一山一寧無門慧開万松行秀中州集王沂孫無冤録光孝寺陸九淵呉文英三体詩賈似道劉克荘

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android