寝息(読み)ねいき

精選版 日本国語大辞典「寝息」の解説

ね‐いき【寝息】

〘名〙
① 寝ている間にはいたり吸ったりする。また、その音。
※浮世草子・好色一代男(1682)五「大臣といはるる程の人、いかなる者か寝息(ネイキ)とめし、其跡を肌馴るる事、すこしのこころをつけず口惜き事也」
② だめになること。
※浄瑠璃・浄瑠璃文句穴さがし(1830‐44頃)五「此時権太が真の悪人で、身代りを用いなんだら羽織の趣向はねいきに成ところぢゃに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「寝息」の解説

【寝息】しんそく

やすむ。ねむる。潘岳〔悼亡詩、三首、一〕寢息、何(いづ)れの時にかれん 沈憂、日に盈積(えいせき)す 庶(ねが)はくは時にらんことを (さうふ)(荘子が妻を喪い、缶(ほと)を撃った)つべし

字通「寝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android