コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イキ

デジタル大辞泉の解説

いき【息】

口・鼻から空気を吸ったり吐いたりすること。また、吸う空気や吐く空気。「大きくをする」「が荒い」
二人以上で何かをする場合の、相互の気持ちのかねあい。調子。呼吸。「二人のがぴったりだ」
芸事の要領・こつ。「名人のを盗む」
ゆげ。蒸気。
「飯も焚きたての―の立つやつで」〈藤村破戒
音声学で、声帯の振動を伴わない呼気。ごくまれには吸気も含む。
いのち。
「あずの上に駒をつなぎて危(あや)ほかど人妻児ろを―に我がする」〈・三五三九〉
[下接語]青息吐息大息風の息片息酒(さか)息死に息溜(た)め息吐息寝息鼻息一息太息虫の息

おき【息】

いき。「おきそ(息嘯)」など複合語の要素としてのみ用いられる。

そく【息】

むすこ。子息。
「君の処(とこ)の―もはやく洋学をまなばせなせえ」〈魯文安愚楽鍋

そく【息】[漢字項目]

[音]ソク(呉) [訓]いき やすむ いこう やむ
学習漢字]3年
〈ソク〉
いき。いきをする。「気息絶息喘息(ぜんそく)大息嘆息窒息
生きる。生活する。「消息生息棲息(せいそく)
休む。いこう。「安息休息脇息(きょうそく)
やむ。しずめる。「息災終息
こども。むすこ。「息女愛息愚息子息令息
利子。「利息
〈いき〉「寝息鼻息青息吐息
[名のり]おき・き・やす

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

 空気を吸い込みはくこと.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いき【息】

呼吸によって生ずる空気の運動のことであり,気息,気ともいわれるが,同時に宇宙に遍満する大気(または風)と連関するとともに人間の存在を支える生命力とも考えられた。したがってその意義も,生理的実体をさす段階から形而上的な霊気をさす段階にいたるまで多様な展開をみせた。ギリシア語プシュケー(魂,霊魂)はもと気息を意味した。またプネウマpneumaももと気息,風,空気を意味したが,のちには存在の原理とされるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いき【息】

口や鼻から吐く呼気や吸う吸気。 「 -を吐く」
呼吸運動。 「 -が絶える」 「 -がとまる」 「 -が上がる」 「 -が弾む」 「 -も絶え絶え」 「 -を切らす」
元気。活気。勢い。 「 -を吹き返す」
組になって仕事をするときの、仕事をうまく運ぶための調子やリズム。 「 -が合わない」
茶などのかおり。
いのち。 「人妻児ろを-に我がする/万葉集 3539

そく【息】

子息。むすこ。 「君の処の-もはやく洋学をまなばせなせえ/安愚楽鍋 魯文
利子。利息。 「年に三分三分半の-/公議所日誌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

息の関連情報