(読み)チョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう【×寵】

特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。寵愛。「主君をほしいままにする」

ちょう【寵】[漢字項目]

人名用漢字] [音]チョウ(漢)
いつくしむ。いつくしみ。「恩寵天寵
気に入ってかわいがる。お気に入り。「寵愛寵姫(ちょうき)寵児寵臣内寵
[名のり]うつくし・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょう【寵】

特別にかわいがられること。気に入られること。めぐみ。いつくしみ。 「 -を得る」 「天子の-を一身に集める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寵の関連情報