(読み)チョウ

  • ×寵
  • ちょう・す
  • ちょう・する
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。寵愛。「主君のをほしいままにする」
人名用漢字] [音]チョウ(漢)
いつくしむ。いつくしみ。「恩寵天寵
気に入ってかわいがる。お気に入り。「寵愛寵姫(ちょうき)寵児寵臣内寵
[名のり]うつくし・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 めでいつくしむこと。特別にかわいがること。また、非常に気に入られること。気に入り。寵愛。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)九月丙午「飽承厚寵。寵極禍満。自陥淫刑
※太平記(14C後)二二「后三千の列に勝れ、一人の寵(テウ)厚かりし其恩情を棄て」 〔春秋左伝‐隠公四年〕
〘他サ変〙 ちょう・す 〘他サ変〙 愛する。かわいがる。いつくしむ。なさけをかける。君主などが特別に目をかけてかわいがる。
※今鏡(1170)七「そのこはなりまさのきみとて、ちそく院の入道おとど、てうし給人にておはすと」
〘他サ変〙 ⇒ちょうする(寵)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寵の関連情報