寺井直次(読み)てらい なおじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺井直次 てらい-なおじ

1912-1998 昭和-平成時代の漆芸家。
大正元年12月1日生まれ。松田権六(ごんろく)らに師事。理化学研究所で金胎(きんたい)漆器を開発。卵殻をもちいる蒔絵(まきえ)で日展,日本伝統工芸展で活躍した。昭和47年石川県立輪島漆芸技術研修所初代所長。60年蒔絵で人間国宝。平成10年3月21日死去。85歳。石川県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「金胎蒔絵水指(みずさし)春」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android