コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田権六 まつだごんろく

7件 の用語解説(松田権六の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松田権六
まつだごんろく

[生]1896.4.20. 金沢
[没]1986.6.15. 東京
漆芸家。幼少より加賀蒔絵を習い,さらに東京美術学校漆工科に学び,古代漆芸の研究を深め,伝統をふまえた漆技に近代的な手法をも加味した独自の境地を開いた。 1934年帝展審査員,41年東京美術学校教授,47年日本芸術院会員,55年には重要無形文化財技術保持者に認定され,63年文化功労者,76年文化勲章受章。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まつだ‐ごんろく【松田権六】

[1896~1986]漆芸家。石川の生まれ。蒔絵(まきえ)にすぐれた。また、日光東照宮中尊寺金色堂などの修復に従事。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

松田権六【まつだごんろく】

漆工芸家。石川県生れ。東京美術学校漆工科卒業。六角紫水などに師事した。1927年東京美術学校助教授,1943年‐1963年東京美術学校(東京芸術大学)教授(のち名誉教授),1962年に日本工芸会理事長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田権六 まつだ-ごんろく

1896-1986 大正-昭和時代の漆芸家。
明治29年4月20日生まれ。兄孝作,六角紫水らにまなぶ。昭和4年帝展で特選。日光東照宮,中尊寺金色堂,正倉院などの文化財の調査,修理をおこなう。18年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。芸術院会員。30年人間国宝,51年文化勲章。昭和61年6月15日死去。90歳。石川県出身。作品に「蓬莱之棚」「蒔絵竹林文箱」。
【格言など】モノに教わる(持論)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

まつだごんろく【松田権六】

1896‐1986(明治29‐昭和61)
漆芸家。金沢市大桑町に生まれる。幼時に兄孝作について漆技を習得し,石川県立工業学校から,東京美術学校に進み,六角紫水に師事,1919年同校を卒業した。金沢に伝わる五十嵐家の蒔絵(まきえ)技法や,当時の東京に伝わった各流派の技法を習得し,21年に朝鮮楽浪の漆工出土品の修理を行ったのをはじめとして,東洋,日本の古典作品の修理,および調査をとおして伝統工芸を学び,螺鈿(らでん),平文(ひようもん)などの古典技法を生かした独自の蒔絵技法を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まつだごんろく【松田権六】

1896~1986) 漆芸家。金沢市生まれ。多くの流派の技法を習得する一方で古典作品の修理や調査を行い、螺鈿らでん・平文ひようもんなどの伝統をいかした独自の蒔絵まきえ技法を生み出した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松田権六
まつだごんろく
(1896―1986)

漆芸作家。金沢市生まれ。7歳で兄孝作について漆技を習い、石川県立工業学校漆工科を経て、東京美術学校漆工科卒業。金沢に伝わる五十嵐(いがらし)派の蒔絵(まきえ)技法や当時東京で競っていた各流派の技法を会得する。御大礼の御剣、帝国議事堂御便殿(べんでん)、あるいは豪華船の室内から、万年筆の軸や喫煙具のライターに至る多方面にわたる漆芸制作活動とともに、朝鮮の楽浪(らくろう)遺跡出土漆器、日光東照宮や中尊寺金色堂、あるいは正倉院宝物などの文化財の調査や修理に関与従事した。1943年(昭和18)以来東京美術学校で教鞭(きょうべん)をとり、この間、无形(むけい)展、帝展、文展、日展、日本伝統工芸展に出品し、審査を務める。47年帝国芸術院会員、55年「蒔絵」重要無形文化財技術保持者に認定、76年には文化勲章を受章。62~66年日本工芸会理事長を務めた。代表作に『蓬莱(ほうらい)之棚』(1944)、『鷺(さぎ)蒔絵飾箱』(1960)など。著書に『時代椀(わん)大観』『うるしの話』がある。[郷家忠臣]
『『うるしの話』(岩波新書) ▽柳橋真著『人間国宝シリーズ21 松田権六』(1977・講談社) ▽『松田権六作品集』(1979・朝日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松田権六の関連キーワード栃木県日光市大桑町石川県金沢市大桑石川県金沢市大桑新町石川県金沢市大桑町石川県金沢市大野町石川県金沢市西大桑町石川県金沢市山科岐阜県岐阜市下大桑町岐阜県岐阜市中大桑町愛知県豊田市大桑町

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松田権六の関連情報