寺井養拙(読み)てらい ようせつ

美術人名辞典の解説

寺井養拙

江戸中期書家。京都生。名は辰・慎、字は子共、別号に維堂・革巷・養拙斎。佐久木志津摩に師事、一家を成して養拙流と呼ばれる。最も『内閣字府』を尊信し、『鼇頭標注内閣字府』五冊を刊行した。のち大阪に住し、門弟を多く育てた。正徳元年(1711)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺井養拙 てらい-ようせつ

1640-1711 江戸時代前期-中期の書家。
寛永17年生まれ。京都の人。佐々木志頭磨に師事,のち明(みん)(中国)の董其昌(とう-きしょう)風をまなんで一家をなし,養拙流とよばれた。当時,看板などにこの書体がよくもちいられた。正徳(しょうとく)元年7月25日死去。72歳。名は辰。字(あざな)は子共。号は維堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android