寺納豆(読み)てらなっとう

精選版 日本国語大辞典「寺納豆」の解説

てら‐なっとう【寺納豆】

〘名〙 蒸し大豆に麹菌を接種して作った麹豆を、塩水に浸して発酵させ、乾燥した納豆。寺院で製造したのでこの名がある。塩辛納豆ともいう。一休納豆大徳寺納豆)、浜名納豆などが有名。《季・夏》
※雑俳・辻談義(1703)「うすい事・の葉に咲く寺納豆」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寺納豆の言及

【納豆】より

…塩辛納豆の名は平安後期の《新猿楽記》に見えているが,古く中国から伝えられ,奈良時代から宮内省の大膳職でもつくっていた〈豉(くき)〉の一種とされる。室町期になると納豆,唐(から)納豆と呼ばれ,のちには寺院でつくることが多かったため寺納豆ともいった。京都では大徳寺納豆,天竜寺納豆などの名が知られ,遠江(とおとうみ)浜名湖畔の大福寺でつくられたものは江戸初期から浜名納豆(浜納豆とも)として著名であった。…

※「寺納豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android