対面三重(読み)タイメンサンジュウ

大辞林 第三版の解説

たいめんさんじゅう【対面三重】

歌舞伎の下座げざ音楽の一。「曽我の対面」で、五郎・十郎の出に用いる三重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たいめん‐さんじゅう ‥サンヂュウ【対面三重】

〘名〙 歌舞伎の下座音楽の一つ。「曾我対面」で、曾我兄弟の出に用いる三重。
※洒落本・蚊不喰呪咀曾我(1779)「かしこまって候、トたいめん三重になり五郎十郎〈略〉いづる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる