コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建的生産様式 ほうけんてきせいさんようしき

百科事典マイペディアの解説

封建的生産様式【ほうけんてきせいさんようしき】

封建領主が土地を所有し,土地を貸与された農民が封建地代を納める生産様式。農民は基本的生産手段たる土地は借りたが,農具等生産手段をもっていたので,農民を土地に緊縛するため,武力,領主裁判権等の経済外的強制が用いられた。都市に手工業者と商人も発生,商品経済の発展で,この生産様式は崩壊し,資本主義に移行。
→関連項目封建社会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

封建的生産様式の関連キーワード中世社会近代国家農奴制

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android