コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専売制度 せんばいせいど

1件 の用語解説(専売制度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

専売制度【せんばいせいど】

国家が特定商品の販売または製造販売を独占する制度。財政収入が主目的の財政専売と公益上の見地からの行政専売がある。日本では1898年の葉タバコ専売に始まり,タバコ,塩(日本専売公社,樟脳(しょうのう)は1961年度限りで解除),アルコールアヘン特別会計)について実施されてきたが,タバコの専売は廃止され,日本専売公社は1985年に民営化されて日本たばこ産業株式会社となった。
→関連項目専売納付金たばこ税タバコ製造業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

専売制度の関連キーワード委託販売塩法訪問販売朱座専売取引信用保険おとり販売特定商取引法と割賦販売法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

専売制度の関連情報