コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専売制度 せんばいせいど

百科事典マイペディアの解説

専売制度【せんばいせいど】

国家が特定商品の販売または製造販売を独占する制度。財政収入が主目的の財政専売と公益上の見地からの行政専売がある。日本では1898年の葉タバコ専売に始まり,タバコ,日本専売公社樟脳(しょうのう)は1961年度限りで解除),アルコール,アヘン(特別会計)について実施されてきたが,タバコの専売は廃止され,日本専売公社は1985年に民営化されて日本たばこ産業株式会社となった。
→関連項目専売納付金たばこ税タバコ製造業

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

専売制度の関連キーワード藩営マニュファクチュア加藤唐左衛門(4代)日本たばこ産業[株]王立フィリピン会社ムハンマド・アリーアルコール事業法白井 新太郎豊岡杞柳細工ドゥメール堀江 保蔵白井新太郎仁尾 惟茂独占価格赤尾丹治産物会所土佐半紙専売事業阿波煙草殖産興業中川久貴

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android