コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅固 ケンゴ

デジタル大辞泉の解説

けん‐ご【堅固】

[名・形動]
かたくて、こわれにくいこと。転じて、意志がかたく、しっかりしていること。また、そのさま。「堅固なつくり」「堅固な決心」
守りがしっかりしていて、攻められても容易には破られないこと。また、そのさま。「堅固な要塞」
健康で丈夫なこと。また、そのさま。「堅固なからだ」
[副]
まったく。まるで。
「いまだ―片秀(かたほ)なるより上手の中に交りて」〈徒然・一五〇〉
必ず。きっと。
「君に―使はれ参らせ候ふまじき物をや」〈義経記・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんご【堅固】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
意志が強く、簡単に相手に従ったり動かされたりしない・こと(さま)。 「志操-な人」 「道心-」
防備がしっかりしていて、容易には破られない・こと(さま)。 「 -な要塞」
じょうぶであること。健康なさま。 「第一、人間-なるが、身を過ぐる元なり/浮世草子・永代蔵 2
〘仏〙 釈迦入滅後の2500年を500年ずつに分けたそれぞれの500年。「解脱堅固」以下、禅定・多聞・造寺・闘諍とうじようの各堅固をいう。
[派生] -さ ( 名 )
( 副 )
まったく。まるで。 「 -の田舎人にて、子細を知らず/宇治拾遺 11」 「いまだ-かたほなるより、上手の中に交じりて/徒然 150
(打ち消しの表現を伴って)決して。絶対。 「君に-使はれ参らせ候まじき物をや/義経記 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

堅固の関連キーワード根を深くし蔕を固くす鉄桶水を漏らさず王事盬きことなし衆心城を成す鳥の磐樟船杭打ち地形鉄心石腸金剛不壊カノン砲南山不落堅甲利兵畝目返し五五百歳金剛堅固鉄壁の陣金剛智鉄石心破甲弾鉄の盾金剛身

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堅固の関連情報