コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅固 ケンゴ

2件 の用語解説(堅固の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐ご【堅固】

[名・形動]
かたくて、こわれにくいこと。転じて、意志がかたく、しっかりしていること。また、そのさま。「堅固なつくり」「堅固な決心」
守りがしっかりしていて、攻められても容易には破られないこと。また、そのさま。「堅固な要塞」
健康で丈夫なこと。また、そのさま。「堅固なからだ」
[副]
まったく。まるで。
「いまだ―片秀(かたほ)なるより上手の中に交りて」〈徒然・一五〇〉
必ず。きっと。
「君に―使はれ参らせ候ふまじき物をや」〈義経記・六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんご【堅固】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
意志が強く、簡単に相手に従ったり動かされたりしない・こと(さま)。 「志操-な人」 「道心-」
防備がしっかりしていて、容易には破られない・こと(さま)。 「 -な要塞」
じょうぶであること。健康なさま。 「第一、人間-なるが、身を過ぐる元なり/浮世草子・永代蔵 2
〘仏〙 釈迦入滅後の2500年を500年ずつに分けたそれぞれの500年。「解脱堅固」以下、禅定・多聞・造寺・闘諍とうじようの各堅固をいう。
[派生] -さ ( 名 )
( 副 )
まったく。まるで。 「 -の田舎人にて、子細を知らず/宇治拾遺 11」 「いまだ-かたほなるより、上手の中に交じりて/徒然 150
(打ち消しの表現を伴って)決して。絶対。 「君に-使はれ参らせ候まじき物をや/義経記 6

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堅固の関連キーワード言い難い堅苦しい堅強蠱惑的憎体憎らしい見難い醜い遣り難いタクティカル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堅固の関連情報