コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊恵法親王 そんえほうしんのう

1件 の用語解説(尊恵法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊恵法親王 そんえほうしんのう

1164-1192 平安後期-鎌倉時代,二条天皇の皇子。
長寛2年7月22日生まれ。高松院の養子となる。承安(じょうあん)4年園城(おんじょう)寺にはいり出家。文治(ぶんじ)元年大僧正真円にしたがい阿闍梨位(あじゃりい)灌頂(かんじょう)をうけ,権(ごんの)大僧都。建久3年4月11日死去。29歳。幼称は狛宮(こまのみや)。通称は智慧光院宮僧都。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊恵法親王の関連キーワード徳大寺実定源雅賢源実朝鎌倉幕府軽空母建造計画邦画活況近鉄と奈良玉葉大内裏畠山重忠

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone